TOP > 会社設立の流れ

会社設立の流れ

会社設立の流れは、大きく見ると6つの流れにまとめられます。

1.基本事項の決定

1.基本事項の決定のイメージ
  • 商号(社名)の決定(社名にも規制がありますのでご注意ください)
  • 事業目的の決定(定款に記載し登記しなければいけません)
  • 本店所在地の決定(賃貸を本店所在地にする場合オーナーと相談が必要です)
  • 資本金額、役員、株式総数、出資者・出資比率、決算月等の決定

2.事前準備と書類の作成

2.事前準備と書類の作成のイメージ

類似商号、事業目的の確認
(類似商号の厳密な確認は不要です。しかし、既存他社と同じ名前で設立してもよいわけではなく、自己責任が強くなりました。)
定款(会社のルールを定めたもの)や設立の際必要な各種書類を作成代行。
その他にも、各種印鑑の作成(登記印や会社代表者、役員、出資者等の実印を作成)を行います。

3.定款の認証

3.定款の認証のイメージ

定款完成後、公証人役場で定款の認証を受けます。
(電子定款を利用することにより、通常より収入印紙代の4万円が不要になるため、設立費用が圧縮されます。)

4.資本金の払い込み

4.資本金の払い込みのイメージ

出資者が資本金を金融機関(発起人の銀行口座)に払い込みます。その口座の通帳をコピーして払込証明書を作成します。
資本金を払い込んだ金融機関が必ずしも、今後会社のメインバンクという訳ではありませんので、ご安心ください。

5.登記の申請

5.登記の申請のイメージ

法務局で設立登記申請を行います。申請後1週間ほどで「登記謄本」「印鑑証明書」が取得できます。
以上で無事に設立の登記が完了となります。

6.設立後の各種届け出

6.設立後の各種届け出のイメージ

税務署や社会保険事務所等へ必要な届け出を提出します。
(詳細は後の解説を参照)

また、銀行口座の開設も登記完成後に行います。

所在地
東京都中央区日本橋浜町2-31-1-17F

お問い合わせ 詳しくはこちら