TOP > 合同会社について

合同会社について

合同会社とは

合同会社とはのイメージ

合同会社は、06年5月施行の新「会社法」により、新たな会社組織として設立できるようになりました。
もともとアメリカでは一般的なもので、会社組織と組合組織の両方のメリットを取り入れた形態として1970年代後半に制度化され、大いに普及していきました。

主な特徴
  • 法人格があり
  • ヒト中心の会社だが※有限責任
  • 内部自治の柔軟性が高い
  • 設立や運営する上での費用が株式会社より少なくてすむ

合同会社と違って、株式会社は出資者を集めて資金を調達します。
その資金を元手にして、商品を仕入れ経営するスタイルです。
会社の設立当初から仕入れ等の資金の調達が事業内容であれば、資本が必要です。合同会社は、大きな資本は必要としないことが大きな違いです。

※有限責任・無限責任とは

万が一経営がうまくいかず、多額の借金をかかえて倒産した場合、債権者に返済しなければなりません。有限責任であれば、出資の範囲内で責任を負うだけで済みます。例えば倒産した会社に1000万円の借金があっても、出資額が500万円の社員の場合、500万円のみ返済にあてそれ以上は個人として負担がかかることはありません。
しかし無限責任の場合は、預貯金はもちろん不動産などの個人的な財産もすべて返済にあてられてしまい、借金を完済するまで支払い義務があります。

合同会社のメリット・デメリット

合同会社立ち上げに必要なもの

合同会社立ち上げに必要なもののイメージ
1株式会社の定款作成

合同会社の場合も株式会社の場合と同様、設立時に定款を作成する必要があります。法務局への提出書類にも、定款は含まれています。
ただし、株式会社と大きく違い認証(定款の公証人のチェック)は不要です。認証が必要ありません。つまり、自分たちで定款を作れば、認証を受けなくても正式な定款となります。

2提出書類(株式会社設立時とほぼ同じです)

所在地
東京都中央区日本橋浜町2-31-1-17F

お問い合わせ 詳しくはこちら