TOP > 顧問契約について

顧問契約について

顧問契約について

会社設立後もしくは設立前からできるだけ早い段階で税理士・公認会計士と顧問契約を締結するのが得策です。
このように複雑な会計業務や記帳業務は専門家に依頼することで、経営者自らは営業活動に専念する、これが会社設立早い段階での成功への近道と言えます。

当事務所は経営上必要な業務をすべてサポートさせて頂きます。決算時期の書類作成など手間がかかるものも全てお任せください。

主なサポート内容

今の顧問税理士・会計士に不満がある方

では、理想の顧問会計士・税理士とは….

当事務所は、気軽に社長が相談できるような経営のパートナーとなるため、同じ目線で話せる誠実な態度で対応しています。
知識と経験が豊富で特に節税実績に関しては、自信があるので顧問契約料の費用効果で好評を頂いております。

当事務所の実績をご覧いただき、無料相談へお気軽にご相談ください。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンについてのイメージ

既に顧問契約を行っている公認会計士や税理士を変更するのは抵抗がある方が多いようです。セカンドオピニオンサービスはあくまで『第二の意見(セカンドオピニオン)』の提供となるため、現在の顧問契約を解除することなく新鮮な意見を取り入れる事が可能です。


下に挙げる項目に該当するような企業・経営者の方がセカンドオピニオンサービスを利用されています。

当事務所ではセカンドオピニオンサービスをご利用頂いているお客様が急増しております。
実績・経験・知識から安定企業への良いアドバイスができます。
無料相談をぜひご活用ください。

所在地
東京都中央区日本橋浜町2-31-1-17F

お問い合わせ 詳しくはこちら